物件の選び方について

不動産を購入するにあたり、多くの方はインターネットや雑誌で調べたり、折り込みチラシを読んだり、モデルルームに見学に行ったりすると思います。立地条件や設備などを確認するのも大事ですが、購入のタイミングや資金のことなど、気になることは多々あるでしょう。そこで、不動産購入において大切な5つのポイントをご紹介いたします。

  • POINT1.タイミング
  • POINT2.資金
  • POINT3.知識
  • POINT4.希望条件
  • POINT5.下見

不動産購入で大切な5つのポイント

POINT

POINT1.タイミング

不動産は、一生に一度の大きな買い物です。まずは“どのタイミングで購入するのが望ましいか”を考えましょう。「結婚の後」「子どもが産まれたときに」「子どもが小学校に入ったら」など、購入予定日を想定し、そこに向かってプランを進めていきます。

POINT2.資金

不動産の購入には、莫大なお金がかかります。ローンを組む場合でも、不動産価格の約5パーセントにあたる購入諸費用は、現金で用意しなければなりません。また、引っ越し費用、家財費用、雑費なども踏まえると、事前に綿密な資金計画を立てることは必須です。購入のタイミングが決まっていれば、そのときまでに自己資金をいくら貯められるかの見通しも立てやすくなります。

POINT3.知識

購入までの間、不動産に関する知識を身につけておきましょう。書店で本を買ったり、インターネットで初心者向けサイトを閲覧したりすれば、住宅の選び方や、コストを抑える方法など、実にさまざまな情報を得ることができます。「勉強すればするほど、良い家が安く買える」と考えてください。

POINT4.希望条件

間取り図や外観写真を見るだけでは、物件の全容を把握することはできません。「部屋はいくつ必要か」「リビングとダイニングは一体化しているか」などの“仕様”以外に、「趣味に没頭したい」「家族で一部屋に集まって楽しく過ごしたい」といった“目的”も、理想の住まいを探す上で重要な要素です。イラストや簡易的なペーパークラフトなどで、希望条件に沿った建物を組み立ててみるのも良いでしょう。

POINT5.下見

1~4を踏まえて、実際に住まいを探していきます。モデルルームのような新しく綺麗な不動産ばかりでなく、中古住宅なども見に行くことで、現実的なイメージも持つようにしてください。下見では、写真や図を見るだけではわからなかった、思わぬ発見もあります。例えば、間取り図で「8畳」と書かれていても、日当たりや部屋の形によっては実際より狭く感じることも少なくありません。反対に、「一部屋は狭くても、襖を取り外せば明るく開放的」といった良い印象を抱くことも。「中古で買ってから、リフォームする」などの可能性も考慮し、最適な物件を探していきましょう。

いかがでしたか?
コモン企画は、これまで多数の不動産を取り扱ってきた実績をもとに、お客様に最適なアドバイスを行います。
不動産購入でお困りでしたらお気軽にご連絡ください。

コモン企画特選物件

お問い合わせはこちらから / contact

03-3907-3382